トップ / インターネットブラウザ

インターネットブラウザ

インターネットソフト

インターネットブラウザの役割

インターネットでWebページを閲覧する際に不可欠な要素として、ブラウザと呼ばれるソフトウェアが存在し、現在では様々な企業から製品が開発されています。これはサーバー上に置かれているWebページの情報を受け取り、適切な形で画面へ出力する役割を持っている為、インターネット利用時においてほぼ確実に必要となってくるでしょう。また、ブラウザは製品ごとで使い勝手や動作速度・互換性などが大きく異なっている以外にも、拡張機能としてプラグインを導入できる種類がある為、通常とは違った閲覧環境を実現したい際には役立つ技術です。

利用

ブラウザは替える事が出来るもの

インターネットの情報を閲覧することが出来るソフトウェア一般のことをブラウザと言います。世界中で最も普及しているブラウザは、パソコンを購入した際に最初からインストールされているインターネットエクスプローラですが、実は必ずこのソフトウェアを利用しなくてはならないという義務は存在しません。パソコンを動かすために必要なOSに最初からサービスとして付属されていたとしても、後から違うソフトウェアに替えて利用することができるため、ユーザーの目的に沿ったソフトウェアでネット上の情報を閲覧することが出来るのです。

↑PAGE TOP